ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

OSJ-vol51

OSJ freestyle express vol.5132006年2月4日に発行された朝日新聞の切り抜きを、新年を迎える度に新しい手帳に入れ直しています。その切り抜きは《ディズニーランドに見る夢と安らぎ演出》をいう見出しの、株式会社オリエンタルランド元社長・福島祥郎さんのインタビュー記事です。「パークの世界はお客様の心を開きます。そこにキャストが応対することで、はじめて我々が提供したい夢や安らぎが伝わります」「人は欲求が満たされた時美しいものに触れた時に喜びを感じますが、人との関係を通して感じる喜びが一番強いと考えています。キャストを通じて、お客様にそれを感じてもらいたい。キャストはもてなしをすることで、お客様から“ありがとう”とか“がんばってるね”というお言葉をいただきます。それが励みになります」その他、いろいろとディズニーランドに込められた思いがつづられている記事を大切に保管しているのです。遊戯施設やアトラクションが素晴らしいのは周知の事実、けれど一番大切にしているのはキャストのおもてなし。そこが、成長を続けるディズニーランドの理由なのだとOSJ Proposal提議OUTDOOR SPORTS JAPAN自然の中でのディズニーランドを作りたい尊敬の念を抱いています。全く形態は違うのですが、弊社で運営している自然の中で行うアウトドアスポーツイベントも、ディズニーランドのおもてなしを少しでも見習いたいと思っています。私たちが開催している各地域の自然はディズニーランドに負けないくらい素晴らしいところばかりです。そんな魅力的な場所で、イベントに携わるキャストたちが参加選手たちを心から迎える。大自然を堪能し、OSJらしいキャストのおもてなしで心が癒され、毎年リピーターとなって開催地にやってくるという、良い循環を作り上げたいと思っています。福島祥郎さんは1969年にオリエンタルランドに入社。その後広報部長、経営企画室長、営業本部長、テーマパーク統括部長を歴任し2005年に代表取締役に就任。同社史上初の生え抜き社長として注目を集めました。けれど、入場者数過去最高を記録していた絶頂期に社長を退任しました。引き際もわきまえていて、こちらも見習うべきことのようです。O SJ編集長滝川次郎