ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

OSJ-vol53

SWIMRUN3種目の中で一番ハードルが高いといわれるスイム。苦手な人は、スクールに通って正しいフォームを身につけるのがおすすめ。BIKE↑トライアスロン用に購入するなら、ロードバイクが基本。信頼できるショップを見つけてアドバイスをもらおう。←トライアスロンは未経験でも、ランニングは経験がある人も多いのでは?他種目と連続して行う、実践に近いトレーニングをしよう。新しい自分が見つかるかも!?イム3.8km、バイク180km、ラン42km)から、ろう。呼ばれる「アイアンマンディスタンス」(スすばらしい達成感と感動に包まれることだレースが用意されている。鉄人レースともそれがうまくいき、結果につながったとき、トライアスロンには、さまざまな距離の中のペース配分も綿密な計画が必要になる。できるスポーツなのだ。ので、日々の練習スケジュールも、レースう、トライアスロンは誰にでもチャレンジも達成感を味わえるところ。3種目を行う特別難しい技術が必要なものではない。そトライアスロンの魅力は、なんといってランも、私たちにとって身近なスポーツで、グを積んでいこう。り離して考えてみると、スイムもバイクもないだろう。しかし、それぞれの種目を切参ク加で10kmき、ランるので、2.5km)などレベルに目標を決めてトレーニン戦するようなイメージを抱く人も少なくパーTriathron40km、合わせてという言葉からも、過酷で肉体の極限に挑ランスプ10kmリント」()、プールでス泳イぐムこ4と0も0あmる、「バスイー行うトライアスロン。「トライアスリート」スタンス」(スイム1500m、バイクスイム、バイク、ランの3種目を続けて初心者も多く挑戦する「オリンピックディ3種目だからこそ味わえる達成感がある!トライアスロン自分の脚で登ったからこそ出会える自然のの入り口は意外と近くにある。の景色が待っているといってもいいだろう。の広場、土や砂利の道など、トレイルランよって見えるものが違ってくる。一期一会近くに山がないという人も、公園や芝生2019年はトライアスロン&トレイルランニングに挑戦しよう!2019年、何か新しいスポーツを始めたいと思っているなら、トライアスロンやトレイルランニングがおすすめ。どちらもハードな印象があるかもしれませんが、初心者からでも楽しめるのが魅力です。トレーニングを積み重ね、結果を出す快感を味わって!うのはもちろん、同じ山でも季節や天気にしてみるといいだろう。に出会えること。それぞれの山の景色が違1500トレイルランの魅力は、さまざまな景色は距離m20kmのレ前ー後ス、を累目積標標に高トレ1ー0ニ0ン0グ~マる人が増えている。どさまざま。これから始める人は、まずロードでは味わえない達成感や爽快感にハ上の高所で行われるスカイランニングな一歩一歩進む登り、下りのスピード感など、100マイルレース、標高2000m以スポーツでも、楽しみ方の幅が大きく違う。ラソンの距離を越えるウルトラランニングロード)を走るということ。同じ「走る」も参加できるようなファンレース、フルマイルランは自然に囲まれた未舗装路(オフレースは、5km程度のショートや子どもロードランが舗装路を走るのに対し、トレ本は、トレラン天国でもある。ロードランとトレイルランの違いは、姿が何よりのご褒美だ。山が豊富にある日トレイルランニングTrailrunning一歩山に入れば、そこは非日常の世界。、日常を飛び出して自然の中を走ろう!自然の中で、思いっきり走ろう!文/明道聡子OSJ freestyle express vol.53 Triathron&Trailrunning 10